ホーム

投稿者:marimo

女性保険とは

女性しか入れない保険。 女性保険。 なぜこんな保険が存在するかというと、女性しかかからない病気がたくさんあるからです。

乳がん、子宮がん、子宮筋腫、出産に伴う病気などなど。
乳がん、子宮がんなどは『がん保険』でカバーできます。
子宮筋腫などは『医療保険』でカバーできます。

でも、二つも保険加入するのは経済的に厳しくないですか?
そこで出来たのが、『女性特有保険』なのです。
もちろん医療保険なので、通常の怪我や病気にも保障されます。

ただし、がんに関しては、女性特有のがんにしか保障されませんので、別のがんが心配な場合は、がん保険に別途加入された方がよいかもしれません。

今の時代、乳がんや子宮がんに加え、子宮頸がんなども多く聞くようになりました。
子宮頸がんはワクチンまで出来ましたが、補助は高校生までですし、一般的に摂取するには高価すぎます。

毎年検査を受けて、予防することももちろん大切ですが、万が一かかってしまった場合のことを考えて、保険を考えるのもアリな時代なのかもしれません。

投稿者:marimo

車の保険は等級がポイント

自動車保険の更新は1年に1度はやってくる。

まぁ、自動車保険は強制ではないので、 無理やり加入はありません。 任意という事で誰もが加入しているとは限らないのです。

ただ、圧倒的に入っているのが多いのは確か。

一番安い車の任意保険を探すならできるだけたくさんの自動車保険会社から見積もりをとるのが得策です。

引用元:車の任意保険が安い! | 自動車保険一括見積もり

車関係の事故。 結構お金がかかりますよね。

事故の内容にもよりますが任意保険に入っていないで困るのは人身事故をやった場合。 これは結構厳しい。

人に対して、どういうお詫びをするか・・・。 お金ではなくなる事も・・・。

自賠責保険で足りない分を任意保険は引き受けてくれる。人身事故をやった場合は自賠責保険では足りない事も多い。

保険の内容によります。

車の修理費。 車の部品って凄い。 金額がドンって上がりますよね。

とは言え、自分で治す事は不可能に近い。

そんな時は「保険入っていてよかった~」となるでしょう。

自働車保険の等級って結構重要。

等級によって、保険料金が全く違ってきますよ。 自動車保険を使うと等級が下がってしまうことも・・・。

なかなか難しい駆け引き。 どうすれば1番いいのか。 どうすれば今後の為になるのか。

考えどころですよね。

投稿者:marimo

保険の選び方

素人には難しい保険の世界。 保険外交員に聞いてみようと思っても その保険外交員も果たして信用していいものか…。

インターネットを覗いてみると、色々な保険外交員のお話があり 中には上手いこと言って顧客のためかのように話を進めていても 実は金もうけ主義だった!なんてエピソードを聞いてしまうと もう何を信用していいものやら。

自分で一から保険のことを勉強して、一社一社の商品を検討するのは とてつもない時間と労力が必要です。 かといって人生で二番目に大きな買い物と言われる保険を ギャンブルのような勢いで運任せに購入するのも不安。

そんな人のために、 どのような保険があるか 検討する際に気をつける点はなんなのか 保険会社のランキング 保険の営業さんがどのように勧めるかなどなど。 知りたい情報が詰まったWEBページが存在します。

覗いてみるとすごい情報量です。 契約時のことのみでなく、実際に保険が有効になる時のことなど あらゆる場面に対処できるようになっていて 素人にもわかりやすいつくりになっています。

多少時間はかかりますが、よく読んでから保険を検討してみると 何もわからない状態でのぞむよりは 自分で判断する基準もできますし、より能動的に保険を選ぶことができると思います。

投稿者:marimo

ホールインワンに備えてゴルフ保険

様々な種類がある保険。 え?そんな保険もあるの?という特殊なものもあるんです。 損害保険のひとつですが「ゴルファー(ゴルフ)保険」というものをご存知でしょうか。 その名の通り、ゴルフをプレイする人が加入する保険で 掛け捨て型で保障期間が短いのが特徴です。

この保険はゴルフのプレイ中事故によって相手にケガをさせてしまった場合や 相手の用品に損傷を与えてしまった時、また自分がケガをした場合にも保障されるものもあります。

ここまで聞くとまぁ、損害保険の一種だなと言った感じなのですが ちょっと面白いのは、この保険はホールインワンやアルバトロスを達成した場合にも支払われるというところです。 このようにゴルフの中では偉業と言えることを成し遂げた場合には祝賀会を開いたり、 記念品を他のプレイヤーに贈ったりするなど、実は多額の出費を伴うんです。 もちろん規模にもよりますが、普通のサラリーマンでは支払いきれない額になることも!

保険って万が一=良くないことが起こった時のものというイメージがあるので ちょっと意外ですよね!

投稿者:marimo

女性の保険

女性の社会進出が一般的なものになってきたせいでしょうか。 近頃では女性の保険のこともCMや雑誌の広告などでよく目にするようになってきました。 では女性の保険って? いわゆる保険とどのような点が違うのか、ご存知ですか?

女性の保険とは 乳癌や子宮癌、子宮筋腫など、女性特有の病気に対して保障が手厚くなっている保険のことです。 女性だけがなる病気のみでなく、女性の方が男性よりもなりやすい病気に対しても 保障が手厚くなっており、入院・通院する際に給付金が上乗せして保障されるようです。 商品によっては妊娠や出産の以上に対しても対応しているものもあります。

保険は医療保険だけでなく、死亡保障も考えなくてはなりません。 女性も働く時代ですが、日本の年金制度にはまだ女性が働いて家計を担うという考え方が定着していないため 女性が死亡した際の遺族年金の金額が低いという現状があります。

しかし実際は働く女性のいる家庭は家計を半々に担っていることもあります。 そういった場合には女性に対する死亡保障もキッチリしていく必要がありますよね。

投稿者:marimo

借金で人生やり直し

どんな理由で借金を作ってしまった。
それは、やむにやまれぬ理由?

それならば、人生やり直しをしないといけませんね。
決して人には迷惑をかけてはいけない。
それだけは覚えていてほしい。

精いっぱいの努力で物事を解決していかないと。
自分で作ってしまった借金の存在。

いつまでもうじうじしてても前に進めないし、それよりか、現実逃避していては悪くなる一方かも。

そうなる前に手を打つ。もうダメだと思ったら借金に借金を重ねる事は辞めて弁護士か司法書士に相談です。
その手段しかないでしょう。

もしかしたら、人の借金を背負ってしまう事も。
そうそう、保証人というワナ。義理があると連帯保証人を断れないこともあるでしょう。

いくら信頼している人でも、決して莫大な保証人にはならないこと。迂闊に実印を押してはいけません。
頼む時は頭を下げてもイザとなったら本人が夜逃げしてしまい、こっちに莫大な借金が降りかかってくることも。
思わぬ出来事に、痛手を背負ってしまう羽目に・・・。

先行きの人生。
何が起こるかわからない。
こればっかりはね。

借金の金額。
それは返済できそうな金額?
借金は債務整理、任意整理、自己破産いろんな方法があります。
決してやけになってはいけません。死ぬ気になれば何でもできます。

で、人生やり直しでしょう。
1からまた、コツコツと。

お金で苦労はしたくはない。
誰もが思う事。
ただ、苦労の道を自ら選ばない事でもありますね。
過払い金無料相談を依頼してみては如何でしょうか。

投稿者:marimo

保険の種類

保険の種類っていろいろあって、どの保険がいいのか難しいですよね。 実際自分が「これがいい」と思って契約したものであっても やっぱり「大丈夫かな」と不安が残る点もあったりしませんか。 営業さんと自分だけの話だと、客観的な意見がなくなってしまいますし ネットの情報も誰がどんな状況で評価したものかがわからないので いまいち信用しきれない。

ある日、友人から一通のメールが届きました。 「紹介してもらった保険、すごくよかったから入ることにしたよ。」

…そうだった!営業さんに誰か紹介してほしいってお願いされて紹介した人がいたんだった。 すっかり忘れていたその友人からのメールに 自分にぴったりな保険であったことや、彼女なりの保険への意見が書かれていました。 もちろん加入した保険の長所を含め、自分とはまた違った意見が多くあったので 図らずとも私は第三者の意見を知ることが出来ました。

その意見と自分の状況や加入したプランを再度考えてみると 間違いなかったな、と思うことも出来ました。 ただ彼女は同じ保険に加入した者同士。 もしかしたら偏りのある意見になってしまっているのかもしれないなとは思います。 他の保険に加入している知り合いから、どんな感じなんか聞いてみてもいいかもしれませんね。

投稿者:marimo

保険加入の仕方

保険には色々な加入の仕方がありますが、アナタはどのような方法をとりたいですか? 我が家は生命保険、医療保険、学資保険は営業さんと直接お話しをして 自動車保険はインターネットで調べて加入しました。

今時はどの保険もダイレクト保険と言って、営業さんを通さずに加入することが出来ます。 そちらの方が人件費がかからない分、料金が安かったり、時間に拘束されることなく 契約をすることが出来ます。

ある程度ネットで調べることも可能ですので、とても便利なものだとは思いますが 医療保険や生命保険ってちょっと複雑なところがありますし 自分にとってどれが最良なものなのかを専門家の言葉なしに決めることに少し不安があったんです。

とても高い買い物になるので、「あの時あれを知っていれば」という失敗をしたくないですよね。 営業の方にも色々な人がいますので、少し心配があったんのですが 実際お会いした方々がとても親切、丁寧で誠実さを感じられる人たちでした。 実際お話を聞いてみて、自分たちだけでは抜け落ちてしまいそうだった部分も指摘してもらえたりして とても満足でした。

でもこれは我が家のほんのひとつのケースでしかありません。 アナタにとっていい保険加入方法はなんでしょうか。保険加入前に保険相談する人も多いでしょう。 周りの人がどうやって契約に至ったかという話は結構参考になりますので 何かの機会にきいてみるといいかもしれませんね。

投稿者:marimo

保険に加入するきっかけ

保険に加入するきっかけってどんな時でしたか? 成人になった時、社会人になった時、結婚した時、出産した時… 人によってタイミングは様々ですよね。 でもなんとなく「いつか入るものなんだろうなぁ」なんて漠然と考えていたりするものですよね。

でもその漠然としたカタチをなかなか「契約」という方向に持っていけない。 いつかは、いつかは…と先延ばしにしている時に 「ちょっといいですか?」 なんて保険の営業の方に出会ったり、知人から紹介されたり 加入のきっかけもやはり人それぞれですよね。

保険の営業って聞くと、やっぱり少し抵抗がある人もいるかもしれません。 しかし実際自分が漠然と考えてはいるものの、よくわからない時には とてもいいアドバイスをくれる存在です。

よくスーパーなんかでこどもに風船を渡しながら話かけてくる方は やっぱり既婚者&子ども目線に合った話をキチンとしてくれますし 新社会人向けに会社に訪問してくる方は、またその都度適切な話をしてくれますよね。

時には自分では気付けなかったことを指摘してくれることもあるので もし気になっている場合は、話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

投稿者:marimo

通販型保険について

通販型保険ってテレビのCMなんかで最近よく耳にしますよね。
これは外資系の保険会社が中心になって広めてきた販売方法で 今までの保険は営業さんと直接会って、話をした上で購入する商品を決めていくスタイルが主流でしたが 最近ではこの通販型の保険も増えてきています。

通販型保険の加入方法はインターネットや電話で申し込みをして 書類を送ってもらい、要事項を書き込み、捺印をして返送するというもの。 この方法をとると、営業さんとお話をすることがなく保険に加入することが出来ます。

通販型保険のメリットとしては、まず安いこと。 人件費がいらなくなるわけですから、その分コストがカットされます。 自分の空いた時間で契約をすることができるのも便利ですよね。 仕事が忙しくて日中は時間を取れない。深夜や早朝でないと…という方も 時間に拘束されることなくいつでも契約を勧められることは大きなポイントかもしれません。

ただ、保険って決して気軽なお買いものではないため一人で決められるか不安… と言う人には少し怖いところがあるかもしれません。 実際には自分の希望や条件で商品を絞っていくことが出来ますので、 ある程度希望に沿った形で契約できるようにはなっているのですが もし少しでも抵抗がある場合は、従来通りの契約方法の方がいいのかもしれませんね。