自動車保険~誕生日を迎えたら

同じ保障内容でも、自動車保険は契約者の年齢によって料金が大きく変わることをご存じ知でしょうか。 これは「若い人ほど事故を起こしやすい」というデータに基づいて設定されている料金で 契約者の年齢で設定されている場合もありますが、家族で車を所有されている場合 その車を使用する人の中で一番年齢が低い人で設定していることが多いかもしれません。

ここで、重要なのがその一番年齢が低い人が誕生日を迎えた時にキチンと保険会社に連絡するかどうか。 更新日でなくても自動車保険の内容はいつでも変更できます。 よく更新が1年ごとなので、内容の変更も1年ごとだと思っている人がいるようですが(私もそうでした) 内容の変更はいつでも可能なのです!

ということで、家族が誕生日を迎えた際には保険会社に連絡を入れるようにしましょう。 次の月から同じ内容の保険でも、料金が割り引かれることになります。 これを知っているのと知らないので、月々にかかってくる保険料は大きくかわってきます。

知らなかった!という人、結構多いはず。 まずは今加入している自動車保険がどのようなプランで年齢設定がどのようになっているのか 確認してみましょう。

保険相談のおすすめサイト

自動車保険の選び方

今はネットで簡単に自動車保険に加入できるようになりましたよね。 CMなんかで気になった保険会社のHPに問い合わせて、見積もりを出してもらえば 自分に合ったプランがわかりますし、時間や手間もほとんどかからないのでとても便利。 その上料金も従来の保険に比べて低価格なのが嬉しいですよね。

でも、そんなネットで簡単契約ができる自動車保険も近頃では数が増えてきて どの保険会社がいいのかわからない人も多いはず。 「通販型自動車保険ナンバー1」「お客さま満足度ナンバー1」「リピート率ナンバー1」 ナンバー1もたくさんありすぎて、その中からベストを選ぶのは難しいですよね。

そんな時は自動車保険に対する口コミや満足度といった情報が集まっている総合サイトを のぞいてみてはいかがでしょうか。

総合得点を出してランキング形式になっているサイトもありますし、 いろんな会社を比較できるように、一括で見積もりを出せるようになっているサイトもあります。

そのようなサイトには、各保険会社のサイトに載っている長い説明を かみくだいた文章で載せてあることがありますので、わかりやすさといった点でもオススメです!

自動車保険の更新

3年前、結婚したことで夫が持っていた車が我が家の車となりそこで私ははじめて自動車保険がなんたるかを知りました。

一応免許取得の際に勉強はしましたが、実家の車関係のことはすべて両親が把握しており自分は特に関与していなかったため、ほぼまったくの無知状態。
で、初めての保険更新日に夫から「更新手続きやっといて。」と言われたわけですがなにもかもがチンプンカンプンだった私は生命保険会社に勤めている友人に「自動車保険やってもらえる?」と連絡するなど、今思うとあきれるような行動をしたりしました。

自動車保険は生命保険とは全く違うもので、損害保険の一種。
どちらかと言うと火災保険や地震保険に近いものです。
強制保険は自動車を運転する人は必ず入らなくてはいけないもので、任意保険は強制保険で補い切れなかった分を保障するためのもので、入る入らないはその名の通り「任意」。

この時に更新しようとしていたものは任意保険で、基本的に1年ごとに契約があり毎年更新の機会が訪れます。
何もわからなかった私はそのように夫に言うと「そしたら、今入っているところでそのまま更新しちゃって」と言われたので、その保険会社に連絡をとってみると
特に何を言われることもなく、書類を返送するように言われました。

その書類に書かれた金額を見て、夫は「おかしいな」とネットで見積りを出してみると驚くことに半分程度の値段がはじきだされました。

保険ってこんなに値段に差があるものなの?

自動車保険は保障の内容のほかに運転者の年齢や事故歴で、値段が大きく変わります。
今思うと、そんなことも知らなかったのかといった感じですがあの時の保険会社の方は残念ながらあまり良い営業の方ではなかったのかもしれません。
私が何もわかっていないことがわかると、更新によってこちらの状態がわかっているかどうかを聞きもせずにとても値段の高い提案をしてきたのだと思います。自動車保険の更新、要注意ですね。
今はネットで簡単に見積もりが出せるので、まずは自分で保障内容や値段を確かめてから会社を選ぶと良さそうでね。