生命保険の選び方

「生命保険」と一口にいっても、その種類や特徴は様々。 提案をされている最中でさえ「え?これは何の保険だっけ?」と わからなくなってしまうくらい複雑ですよね。 生命保険って一体何を総称して言うのでしょか。 ざっくり分類するなら、こうなります。

定期保険 / 終身保険 / 養老保険 / 医療保険 / ガン保険 / 三大疾病保障保険 収入保障保険 / 変額保険 / 個人年金保険

定期保険や終身保険、医療保険、ガン保険…一定なじみのある保険のほかにも 変額保険、個人年金保険など、新しく耳にするようなものもあります。

種類もたくさんありますし、保険会社やプランもたくさんある中で 自分にぴったりの保険を探すのって結構骨の折れる作業ですよね。 まずはその保険の特徴を知って~と思って勉強しようとしても難しい。

こんな時は生命保険相談でファイナンシャルプランナーに聞いてみるのが一番かもしれませんね。 書類に目を通すよりもわかりやすいですし、自分の状況に合った説明をしてくれます。 わからないことはしっかり聞いて、疑問を解決して納得の上、加入したいものですね。
生命保険加入

生命保険に加入の必要性

もし生命保険に加入していなかったらどうなるでしょうか。 生命保険や医療保険の特徴を知っている人の中には生命保険に加入しないという選択をする人もいます。

まず、子どもがいなくて夫婦共働きという場合。 たとえば奥さんも正社員としてバリバリ働いていて独立しても問題がない場合、 もし旦那さんに万が一のことがあっても、生活に支障をきたすことはほとんどありません。

奥さんが非正規雇用の方でも、公的援助と合わせれば収入に問題がない場合も同じことが言えますね。 また生命保険はなくても大丈夫なくらいしっかりとした貯金がある場合。 生命保険は何も「必ず加入しなくてはならない」ものではないのです。

どうしても生命保険加入するのが一般的だと言われていると 入らないと不安になり、とりあえず~の気持ちで加入を検討してしまいがちですが まず本当に自分たちに必要なものなのかを根本的に考えてみるのもいいかもしれません。

我が家は妻が専業主婦なので、保険加入を検討しましたが 将来的に働き始めて一定の収入が確保された場合は、また見直してみるつもりです。

生命保険の見直し

生命保険の見直しってどういった時にするべきものなのでしょうか。 給与体系が変わったときや、家族の人数が変わった時などが一般的なようですが ちょっとしたことをきっかけに生命保険を見直してみると 改めて自分や家族のライフプランに必要なものが見えてきたりするものです。
保険相談の情報をみるといいかもしれません。
我が家は結婚して子供が生まれてすぐに一回目の契約をしました。 当時は「まずこどものことを考えて、とりあえずでもいいので万一の時の備えをしなければ」 という思いでいっぱいでした。

結婚して間もなかったこともあり、家計はまだ不安定。 ファイナンシャルプランナーさんに相談した結果、まず家計からいくら捻出できるかを考えて そこからプランをたてようという話になりました。

結果出来上がったプランを見て、プランナーさんは 「当面はこれで良いと思いますが、もう少し家計が安定した時に少し見直してみてもいいかもしれません。」 とお話されていたのですが、とりあえず保険は契約したという思いから、 そのことをすっかり忘れていました。

数年後、知人から紹介された保険の営業さんがうちに来ることになり、 もう契約はしているし、体面上話を聞くだけのつもりだったのですが、よくよく考えてみると 最初に契約した時から子育てや家計のやりくりを経て自分の考えも変わっていましたし 実際家庭の状況も変わっていました。 そのことを話しているうちに、最初にプランナーさんから言われていた話を思い出しました。

これは良い機会かもしれないな。 ともう一度生命保険や自分のライフプランを見直してみることに。 結果以前に契約した保険を活かす方向で、少し補填してもらうことになりました。

実際今の状況で万一のことが起きた場合、最初にした契約では足りない部分が多すぎます。 自分が意識していなくても、少しずつ状況は変わるものです。 定期的に生命保険を見直してみるのは必要なことかもしれませんね。