女性の保険

女性の社会進出が一般的なものになってきたせいでしょうか。 近頃では女性の保険のこともCMや雑誌の広告などでよく目にするようになってきました。 では女性の保険って? いわゆる保険とどのような点が違うのか、ご存知ですか?

女性の保険とは 乳癌や子宮癌、子宮筋腫など、女性特有の病気に対して保障が手厚くなっている保険のことです。 女性だけがなる病気のみでなく、女性の方が男性よりもなりやすい病気に対しても 保障が手厚くなっており、入院・通院する際に給付金が上乗せして保障されるようです。 商品によっては妊娠や出産の以上に対しても対応しているものもあります。
もし保険会社が潰れてしまったら?

保険は医療保険だけでなく、死亡保障も考えなくてはなりません。 女性も働く時代ですが、日本の年金制度にはまだ女性が働いて家計を担うという考え方が定着していないため 女性が死亡した際の遺族年金の金額が低いという現状があります。

しかし実際は働く女性のいる家庭は家計を半々に担っていることもあります。 そういった場合には女性に対する死亡保障もキッチリしていく必要がありますよね。

保険相談について

コメントは受け付けていません。